鰻食ふことに疲れてをりにけり    相沢文子
日の匂ひ変はりはじめて秋の蝶    平尾昌子
​春を待つ心すべての生き物に     伊東法子
解かれたる苦しみ君の夜ぞ長き    奥村 里
初音聞く愚陀仏庵の畳かな      塚本武州
春風や伝統俳句学ばんと       武田奈々
新茶酌むつひの雫の音たかく     武田優子
​句碑抜き今宵の銀河濃かりけり    池末朱実
見るからに元気な子等の菖蒲風呂   今橋周子
シリウスの青き静寂や絵踏の夜    酒井湧水
図書館の本棚

​肆

​野分会の俳句

能面のうすきくちびる五月闇
迷ひなき蟻の歩みにある浮力
昼寝覚いま現し世に降り立てり
寄せて引くさざなみのごと踊の輪

​武田優子​

ポラリスも北斗も朧なりしかな
うみへび座全容見せて夏に入る
夜業の灯消えて頭上に白鳥座
聖夜待つ空に一等星七つ

​池末朱実

1963年11月、京都府木津川市生まれ。帝塚山短大卒業。
ホトトギス初投句は、1992年。
コロナ禍が落ち着いたら、星のソムリエの資格を取ろうと思います。

菖蒲風呂より飛び出してきたる子等
節分の鬼のなかなか帰宅せず
父の日と早起きの子等騒ぎけり
父の日を終へて疲れてをりし父

​今橋周子

1985年徳島生まれ
2007年よりホトトギス投句
2016年第27回日本伝統俳句協会新人賞受賞
2児の育児に奮闘しつつ、小さな日常を詠んでいます。

つばくらにだけ見える風触るる風
母の日や母に会はざる年重ね
ホスピスに寄せては返す蟬時雨
虎落笛さへも絶えたり津波跡

​酒井湧水

1960年、兵庫県生まれ。本名・俊弘。カトリック大阪大司教区補佐司教。ホトトギス同人。2012年、朝日俳壇賞。句集『神の手』。

音のなき世界の中に桜散る
ハンカチを探す鞄に入れたる手
崩れないやうに崩してかき氷
山門に犬と少年蝉時雨

​伊東法子

神奈川県出身。第13回日本伝統俳句協会新人賞受賞。武蔵野女子大学大学院紀要第3号「小林一茶と仏教」。浄土真宗本願寺派立徳寺住職。

賜はりし試練も楽し春を待つ
漱石も子規も来てゐる虚子忌かな
良き言葉佳き事結ぶ白露の日
山茶花の白き花びら散りて

​奥村 里

徳島県生れ。1999年よりホトトギス投句。2005年日本伝統俳句協会新人賞。2008年ホトトギス同人。水瓶座A型美味しい料理美味しいお酒を好む。元高校教師。

始まりはアダムとイブのくさめかな

遠き蟻氣付けば足の裏に蟻

ナイターの後のラーメン大盛りに

炊き立てを待てず酢茎の爪楊枝

​塚本武州

1969年東京都生、神戸市在住。
俳号の「武州」は、書道家の父が命名。茶道家の母の影響で俳句を始める。
海外5カ国、計15年駐在。21年4月より野分会入会。

しろがねの山女くがねの水飛沫
あぢさゐのいろすきとほる雨上り
香まとふ葉書の届く文月かな
秋風や窓の数だけ空のいろ

​武田奈々

豪華ヨットセーリング

水馬光の靴を履きにけり
ヨット行く青き地球を傾かせ
深く吸ふほどに梅の香遠ざかる
大空に根を張るごとき枯木かな

​笹尾清一路

「九年母会」「ホトトギス」同人

2017年「野分会」入会、稲畑廣太郎に師事。

父と子の同じ形で寝る良夜
よく眠る子を抱きつつ花祭
乾くまで待てば夕暮涅槃西風
朝顔を褒めて回覧板渡す

​相沢文子

1974年新潟県生まれ。
​1999年より俳句をはじめる。

上流の自由と孤独山女かな
本閉ぢて眠る押花五月闇
囮鳴き森の匂ひの動きけり
アルプスを連れて風花湖面へと

​平尾昌子

1967年大阪生まれ。東京・静岡在住

2016年芭蕉記念館の俳句入門講座に参加。

2020年よりホトトギスに投句

​植物を育てるのが大好きです。