top of page
検索
  • nowakekai

新聞連載

朝日新聞、毎月最終の日曜日の朝刊の「俳句時評」は当会会員の阪西敦子が担当しています。10月30日(日)は「言葉の働き」に注目した2冊の本について語っています。言葉の構造と実作の経緯から俳句が生まれる過程が見えて興味深い! 


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

出版情報​

当会会員の山田佳乃が、ふらんす堂より「百句多解シリーズ」の一冊として『京極杞陽の百句』を刊行いたしました。虚子門但馬派の自負をもっての渾身の一冊。どうぞ、ご覧ください。

メディア情報

当会主宰の稲畑廣太郎が花鳥諷詠を ”~和塾~最高峰の和文化体験”のサイトにて語っています。​ 「……自然と自分とが調和していなければ、本当の良い俳句は生まれない……」

出演

当会会員の山田佳乃が、第2週のEテレ「NHK俳句」(朝6:30)の選者を務めています。年間テーマは「俳句とエコロジー」です。

Comments


bottom of page