稲畑汀子_1_edited.jpg
撮影 藤田浩司

哀悼を捧ぐ

​花鳥諷詠の未来は
人間も自然の一部であるという世界観を世に訴え、花鳥諷詠のすぐれた俳句を世に示していくこと…

稲畑汀子(2014) 花鳥諷詠、そして未来 NHK出版

去る2月27日(日)

「ホトトギス」名誉主宰で前野分会主宰の稲畑汀子が逝去いたしました

野分会は花鳥諷詠の志を継承していくことをここに誓います

​どうぞ安らかにお眠りください​

​蜻蛉の空のはじまる目の高さ
​風強きことを柳に語らせて
​砂日傘よりはみ出してゆける影
​稲畑汀子 三十句
​露の石置きて山路の道しるべ
夏痩の姿もつとも彼らしく
​ただ過ぎて霧の彼方にある忌日
​夏ばての幹事最後に到着す
山荘の庭の秋草活けらるる
​風光るとき海遥か山かすか
冷房の弱より弱にしたき時
​ 野分会春秋
山の月なりしが海の月となる
見えて来し剣岳の主峰岩燕
弾む声闇のどこかに夜の秋
うたかたに賑ふ水面雨蛙
遠目には文字摺草の丈揃ひ
夜空焦げゆくをどんどの闇囲む
​瓢の笛吹けば波音風の音
鉦叩めぐる月日のしかとあり
夏帽子木々にまぎれてゆくことに
島人の華やぐひと日針供養
野分会(1994) 合同句集野分会 天満書房より
立ち直るとき色澄みてゆける独楽
花心満開にして三分咲
多分目の笑つてをりぬサングラス
葡萄棚出て風と会ふ空と会ふ
デージーの鉢にかくれてホツチキス
まぎれたるばつたの動き草に追ふ
蜩のもつともひびき合ふ静寂
山の音とも霧走る音かとも
なめくぢの引きづつてゐる所在かな
ねんねこの中の寝息を覗かるる
稲畑汀子
1931年、横浜市生まれ。小学生の頃より祖父・高浜虚子、父・高浜年尾のもとで俳句を学ぶ。1979年、父の死亡により日本最大の俳句結社「ホトトギス」主宰を継承。1982年より朝日新聞「朝日俳壇」選者を務める。1987年、日本伝統俳句協会を設立、会長に就任。2000年、念願の虚子記念文学館を開館し、理事長に就任した。1994年〜1996年、NHK教育テレビ「NHK俳壇」講師・選者、2005年〜2006年、同「NHK俳句」講師・選者。2013年10月、「ホトトギス」1400号記念祝賀会にて、「ホトトギス」主宰を稲畑廣太郎に引き継ぎ、名誉主宰に就任。
句集に『汀子句集』(新潮社)、『汀子第二句集』(永田書房)、『汀子第三句集』(日本伝統俳句協会)、『月』(角川学芸出版)、著書に『虚子百句』(富士見書房)、『俳句と生きる』(角川学芸出版)、『花鳥諷詠、そして未来』(NHK出版)、『俳句を愛するならば』(NHK出版)など、多数。